去年の沖縄は、クソ寒くてチョウなんか飛んでませんでした。

下手して一年放置してました。

ミクシーやツイッタ―などで短文を細かに発信するだけで、いつの間にか満足してしまっていました…。

前の記事にある沖縄遠征。
その時に採ったの蛾の成果を次に書きますので、しばらくお待ちください。
[PR]
# by orejinmushi | 2012-03-07 22:47 | 日常

春休み

ご無沙汰です。
ちょっと死んでいました。


同い年の1つ学年上の他大学のゴミムシ屋、
1つ年上の同じ学年の同大学のハナアブ屋、
同い年の1つ学年上の同大学のハムシ屋
1つ年上の2つ学年上の同大学の万屋、
1つ年上の1つ学年上の他大学のヒメドロ屋、
同い年の1つ学年上の他大学の甲虫図鑑3巻マスター、
中学のガッツ神、
僕、
他、


達が、入れ違い立ち変わりで南国のフィールドに旅立ちます。
みんな同年代の虫屋さん仲間です。
非常に楽しい春休みを過ごせると思います。


「こんなことできるのホンマ今しかないで!!」


ていう言葉に突き動かされています。



車運転できる人が俺しかいない状況になる時があります。
それは、リアルに不公平だと思います。



25泊26日とかするやつもいるんですね。
50泊するうんこ野郎もいるそうです。




新入生になんにもしてあげられませんわ。
ごめんね。




南国の前にフチグロトゲエダシャクですけどね!
[PR]
# by orejinmushi | 2011-02-07 00:28 | 日常

クロスジフユエダシャク

昨日。
昼間は学校の裏でオサ掘り、夜は糖蜜。

どちらもなかなか楽しかった。

糖蜜採集やってるときに、樹液が出てるコナラを発見。
フサヒゲオビ、ナワ、ノコメトガリ、ホシオビ、ナカオビアキナミシャクが集っていた。
仕掛けた糖蜜にはあんまりかった…。


クロオビフユナミシャク、チャバネフユエダシャクの雄を確認。
クロスジフユエダシャクが一番飛んでた。


糖蜜帰り、クロスジフユエダシャクの交尾に出会う。
メス単体に出会うことはあったが、交尾個体は初めてだった。


次はホルスタインを探したい。
[PR]
# by orejinmushi | 2010-12-09 08:23 |

ボルビディス

水槽に色んな水草を植えて綺麗にしたい!
と思い、水槽を復活させた。



地面に植えるやつは掃除のときめんどくさいので、
流木に巻きつけるやつしか今までにやってこなかった。
とりあえず、大好きなミクロソリウムをこうぬうした。
ナローリーフの方も欲しかったのだが、たかい…
憧れのボルビディスもたかい。



じゃぁもういいや。
カップで南米モスが売られてたからそれをこうぬうした。




ミクロソリウムとモスだけの水槽でいいや。




この2種類だけだと、セットしたての水槽が非常にさみしい…。
ペットショップ屋のすぐ近くにある用水路でササバモとエビモを採取。
ササバモが群生していて非常にきれいな川。
ササバモが後景のすごいアクセントになったけど、
どうせ枯れるんでしょう。




南米モス成長おそい!
沈めて2週間くらいしてやっと芽が出てきた。
普通のウィローモスが欲しいけど、見て回るペット屋でカップ入りの売ってない。




c0208898_005541.jpg

↑ウィローモス
ウィローモスだけの水槽を作るんだ!!
と頑張ってた時期があった。
レイアウトも考えずに増やすことだけ考えていた…。
ウィローモスの散髪ばかりしていました。
[PR]
# by orejinmushi | 2010-11-18 00:01 | 日常

カスミカメ

うちの大学キャンパス内に植わってるハンノキをスイープしたら、触覚のぶっといカスミカメムシが採れた。

非常に巨大なカスミカメである。

とりあえず、問い合わせ中。
[PR]
# by orejinmushi | 2010-11-15 21:32 | 日常