<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

裏山

地元にも裏山と呼べるものがあった。
甲山というところで、よく公園内、山頂付近、トイレなどの灯りを見て周ったものだ。

そんな身近なフィールドがあればいいなぁと思い地図を見ていると、
我が長野の家の裏にも裏山と呼べるところがあった。
自転車で30分くらいだろうか。

とりあえず行ってみた。春にはウスバシロチョウが乱舞。
休耕田やため池には水草も生えており、クロゲンゴロウ、スゲハムシ、ホソネクイハムシなども見られた。
地元の裏山とは全然環境も違うのでとても新鮮だ。

c0208898_22616.jpg


新鮮な伐採木も道沿いに置いてあり、タマムシの類やカミキリなども多く集まっていた。

c0208898_224231.jpg


地元でもクリストフで有名な山があったけれども、特に惹かれることもなかったので
採りになど行ったことなかったのだが…。
実際目の当たりにしてみたがとても上品でカッコイイ種。

c0208898_2244863.jpg


中々にすばしっこく、人の気配を感じるとすばやく木の間に逃げ込んでしまう。
この土場には結構な数がいたが、ほとんど逃げられて取れなかったのだ。

しかしながらこの裏山
後に車を手に入れてしまってからというもの、標高の高いところばっかり行くようになってしまったので
結局2014年の間は数回しか行けなかったのである。

なお、この日も午後から移動し、標高1300mくらいのところで屋台を張っていたのでした。
[PR]
by orejinmushi | 2014-12-29 22:13 | 甲虫

社会人

様々なSNSツールの繁栄により手軽に情報を発信できるようになってから、すっかりブログの存在を忘れてしまっていた。前の記事の時は学生だったはずだが、いつのまにやら私は社会人になってしまった。
前までは兵庫県で主にぬらぬらしていたのだが、今は長野市内に身を置いている。
さすがに冬は寒い。暖房器具もまだないので、正直部屋の中ですら死にそうだ。

社会人になったといえ、私は悪い意味で変わってないと思う。

最近は虫に対する情熱、採集欲、とりあえずすべてが消え失せてきている。
勉強したり、採ったり、標本を作ったり、社会に出てから思うように時間が取れず(時間の使い方下手なので)
あまり行動できていない。
初夏~秋は週末になると山へ出ていた。
さすがに長野は関西とは違い、虫採りも楽しかった。1時間も行けばブナ・シラカバ帯へ行ける。
それが本当に楽しみで毎日を生きていた。

だが、物覚えの悪い私は、あまり会社での成績がよろしくないのである。
新入社員は入社1年間は一番勉強しなければならないときである。
週末の楽しみをすべてを捨て、資格取得のための勉強、法律等を頭に叩き込まないといけない。
遅いが、最近そう思うようになった。ただでさえ虫の知識もにわかレベルであるのに、仕事の方もできない。
なんなんだ自分は…

もう誰も読んではくれてないブログにもう一度ログインしてまで何が言いたかったのか自分でもわからないけれども、私は生きていて、社会になんとか出れて、ちまちま、長野にいます…。

c0208898_1934020.jpg

2014年4月26日長野市鬼無里村にて。エゾモクメキリガ。
[PR]
by orejinmushi | 2014-12-29 19:05 | 日常