フチグロトゲとタニガワモクメ part2

28日はデジタル一眼レフカメラが午前中のうちに家に届いたので早速撮影に出かけた。
場所は先週と同じく近所のフチグロトゲの田んぼのあぜ道。
新鮮な個体も多く、まだまだしばらくは発生していそうな感じ。

c0208898_15061351.jpg
とりあえず動かない草花を撮り、撮り方の練習をする。
c0208898_15170702.jpg
このフチグロの写真はやらせ。
やらせじゃないと写真なんてとても自分の今の技術じゃ撮れないことがわかった。


午後は大きく西へ。
ぎりぎり群馬となってしまったのだが、とある林道でライトをすることにした。
今回はタニガワモクメのポイントの発見が目的だ。

7時前に点灯。
点灯直後はムラサキミツボシが一気に10程飛んできた。
c0208898_15224195.jpg

c0208898_15203003.jpg
ムラサキミツボシしか飛んでこないので、少し不安になる。
しばらくライト下での写真の撮り方に四苦八苦する。
全体が真っ黒、真っ白なムラサキミツボシの写真いくつも生み出しつつ、奴に備えていた。




しばらくすると飛来した。
c0208898_15110252.jpg

c0208898_15252972.jpg
狙いのものが狙い通りに来てくれると顔がにやついてしまう。
その後も順調に飛来し、最終的に12頭程採取できた。

c0208898_15293846.jpg
エゾモクメキリガも飛来。タニガワよりも少なかった。

c0208898_15251225.jpg

c0208898_15252456.jpg

オカモトトゲエダシャク、ヒゲマダラエダシャク、クロモンキリバエダシャクなど春のエダシャクも。
c0208898_15250118.jpg
コケイロホソキリガ、シロクビキリガなどなじみのなかったキリガにも今回出会えた。

この日は1時30に消灯、1時間仮眠を取ってから帰ることに。
が、長野に入った直後に限界が来たので峠道のスペースで朝まで寝た。
寒かったが、寝袋なしでも寝ることができた。


[PR]
by orejinmushi | 2015-03-29 15:47 |
フチグロトゲとタニガワモクメ >>